CLOSE
JP EN
将来、多様なフィールドで活躍するために必要な力を身に付けるため、実社会の課題解決に挑戦する様々な「プロジェクト」に取り組みます。「正解」か「不正解」かしかないテストではなく、「成功」も「失敗」もあるプロジェクトへ。大切なのは、たくさんの失敗を、成長する機会にすることです。世界中から集まった仲間とともに、学び続ける場が、ここにはあります。

Features of our learning

生徒の個性を生かす教育

Each and every pupil plays a leading role

一人一人の生徒が主役
ここでは、「教師が教育を提供する側、生徒は教育を受ける側」ではありません。「教師も生徒も、一緒に教育を創る側」。生徒一人一人の「こんな学校にしたい」「こんな授業にしたい」という想いが、この学校を創ります。

Failure can be the best form of learning

失敗こそ最高の学び
「正解」か「不正解」かしかない「テスト」ではなく、「成功」も「失敗」もある「プロジェクト」へ。「不正解」は人が決めます。しかし、「失敗」は自分自身が決めるもの。大切な「成長のきっかけ」である「失敗」を、子供たちから取り上げる「過保護な教育」は、この学校では行いません。

Learning from three perspectives

3つの観点からの学び
全ての学習活動において、「COMPETENCY BASED=社会で活躍できる力を育成できる学び」「INQUIRY BASED=生徒の『?』から始まる学び」「PROJECT BASED=実社会とのつながりを大切にした学び」の3つの観点を大切にした学びを行います。

Society as a whole is our 'school'

社会全体が私たちの学び舎
私たちの学びの場は、学校内だけではありません。「社会全体が私たちの学び舎」を合い言葉に、積極的に学校の外に飛び出し、様々な場所で学びを深めます。また、戦後復興等の歴史や世界遺産など、広島ならではの学習活動を行います。

Learning environment that facilitates diverse study types

多様な学習を可能にする学習環境
普通、「教室」は、四方が囲まれた閉鎖的なもの。でも、この学校の教室は、家でいう「リビング」です。オープンな環境の中で、リラックスして学ぶことができます。1人1台の PC、プロジェクター、ホワイトボード、模造紙など、生徒たちの Collaboration、Innovation、Creation を支える環境が整っています。

Specialist subjects

広島叡智学園ならではの学び

未来創造科

戦争、貧困、環境、エネルギー、食糧、少子高齢化、地域の衰退…。世の中には、たくさんの課題があります。これらの課題について、「自分たちで課題を設定し、国籍や文化の違いを越えた仲間たちと力を合わせて、課題の解決にチャレンジする」。そして、「テレビや新聞に載っている課題」から、「自分たちの課題」に変える。これが、本校の教育活動の核となる「未来創造科」(Global-Project Based Learning)です。

アカデミックな英語力の育成

高校からは様々な国・地域出身の外国人留学生と学び、暮らす、小さな国際社会の中にいるような生活が始まります。放課後活動や寮での生活でも、英語が飛び交います。これにより、海外大学等に進学した場合でも通用する、アカデミックな英語力を育成します。

国語

授業では,生徒が身近に感じることのできるような内容やテーマを取り上げ,教科書に収録されている教材とも関連付けて扱い,生徒相互に意見を出しあったり,検討しあったりするような学習活動を中心に据えて行っています。このような学習活動を通して,生徒たちは,「唯一の正解」のない問いのほうが実は普通であるということに気付くとともに,多様性やその価値を尊重できる感性を養っていきます。

社会

講義を聞くことや知識の獲得を授業のメインに置くのではなく,生徒自らが課題を設定し,その課題を探究していくことによって学びを深めていくことを重視しています。
個人,ペア,グループなど様々な形態で学習を行うことで,思考を深めたり,物事を多角的・多面的に捉えることができるようにしています。

数学

数学の授業では現在,算術的なパターンを一般化する学習をしています。グループ活動では,他の人のさまざまな考え方に触れることができます。今後は実生活の中に潜む数学的なパターンの発見にチャレンジしていきます。

理科

島の自然豊かな環境を活用して,近くの海岸や学校周辺における生物採集を実施し,経験から学ぶことを重視しています。また,教室の中では経験的に学んだことを科学的に検証することで,経験的な学びと学問的な学びを結びつけています。

美術

授業を通して,発見や探求,活動の楽しさを味わうことを重視しています。また,作品制作中は制作過程をプロセスジャーナル に記録し,視覚的な表現だけではなく,言語での創造的な思考ができるようにアプローチしています。

音楽

音楽の授業では,すべての生徒が音楽的に成長するためのスキルを見出すことが重要だと考えています。たとえば,「歌う」という活動をとっても,「何を改善したいか」を自ら考え,上達のための方法を見出すことを重視しています。改善策は先生が示すこともありますが,自分に合った最適な改善策を見つけるのは生徒自身です。

保健体育

保健体育科の授業では,与えられたタスク(課題)の達成に向けて仲間と協働し,その成功を共に喜べる関係づくりを大切にしています。授業は英語を中心に行われ,放課後活動(A4L)の英語プログラムと合わせて生徒の英語力の向上を目指しています。また,保健の授業ではリサーチの過程を大切にして,生徒が,健康について様々な側面を探究できる工夫をしています。

技術

生徒自身の力で調査活動を行いました。タブレット端末の機能を使って,植物の育成管理について簡単な説明動画を作成したり,様々な作物・動物・水産生物を管理する技術について自分でテーマを設定したりすることで,自分の興味を広げ,自分自身の力でそれらを深めようと努力しました。一人一人が異なったテーマ設定をする中で,関連する言葉をつなげたマップを作成し,考えを整理していく活動にもチャレンジしました。

家庭

「家族・家庭と地域社会」という単元の学習の中で,「家族の幸福感は地域との繋がり(協働)によって高まる」を探究テーマとして進めています。単元の後半には,大崎上島の高い高齢化率をもとに,高齢者擬似体験を通して高齢者の心身の変化を体感しました。その経験を活かして,実際に,社会福祉法人大崎福祉会特別養護老人ホーム大崎美浜荘のデイサービスにて,利用者である高齢者とのふれあいを通して,関わり方やコミュニケーションの仕方についても学びました。

英語

英語のクラスでは,生徒の英語力に応じてクラス分けをすることにより個に応じた指導をしています。生徒は,母語を習得していく過程に近い方法で英語を学習しています。つまり,生徒は多くのリスニング活動を行い,その後リーディング,ライティング,スピーキングの技能を包括的に習得しアカデミックな語学力をつけていくというものです。

School overview

学校概要・アクセス・行事予定などはこちら

Contact

学校に関するご質問や資料請求など、
お気軽にお問い合わせください。

Join our team

採用情報はこちら